スイスの仮想通貨取引所 P2P B2Bに上場しました。

2019年3月7日

日本発「無から有を創り出す」みんなで作るニュースサイトRELEASEが、スイスの仮想通貨取引所 P2P B2B(ピーツーピー ビーツービー)に上場しました!

 

次世代のソーシャルメディア分散型プラットフォーム「価値ある情報と信頼できる評価がSNSの未来を大きく変える」!!

 

株式会社スマイルホールディングス100%出資の台湾現地法人「RELEASE Co.,Ltd.(璃里素股份有限公司)」は、2019年3月7日にRELEASE PROJECTが流通目的で発行したRELEASE COIN(REL)の海外仮想通貨取引所 P2P B2B https://p2pb2b.io/ への上場が正式に決定したことを発表しました。

仮想通貨取引所 P2P B2B(ピーツーピー ビーツービー)では、REL(レル)をETH(イーサリアム)、BTC(ビットコイン)、USD(USドル)と交換することや売買することが出来ます。

 

RELEASE PROJECTは、すでにサービスを開始しているソーシャルメディア RELEASE を改良し、ソーシャルメディア(SNS)とeコマース(ショッピング)の融合を目指すべく、ブロックチェーン+ビッグデータ+AI(人工知能)の3つの技術を組み合わせたプラットフォームを構築することで、個人や地域それぞれの人々が快適で豊かな生活ができることを目的に、次世代のソーシャルコマースを完成させ、世界におけるインターネットの更なる発展に貢献します。

 

特に、eコマースの分野においては、農業や漁業に重点をおき、採れたての新鮮野菜や果物、そして、水揚げされたばかりの魚介類を売り手がその場で価格を決め、一般ユーザーに対し迅速に提供できる仕組みづくりを構築することで、世の中の農業や漁業の物流に変革をもたらします。

 

 

2014年にサービスを開始した、みんなで作るニュースサイト RELEASE https://release.co.jp/ は、ソーシャルメディアとショッピングの融合「ソーシャルコマース」を目指すべく、ブロックチェーン+ビッグデータ+AI(人工知能) の技術を用い、ユーザーが良質で価値ある情報を投稿した場合、また、信頼できる情報を評価した場合、投稿者と評価者の双方に期限付きポイント(RELトークン)を付与するソーシャルコマース・プラットフォームを構築中です。

 

RELEASEユーザーは、投稿した記事の閲覧回数によって貯まったポイント(REL)をプラットフォーム内で、サービス・スキル・商品等の購入に使用できる他、今後は日本や台湾をはじめ、世界の大手ポイント発行企業との提携によりRELを他のポイントと交換できるキャッシュレス決済を実現する狙いです。

 

・RELEASE PROJECT https://release.co.jp/rel/ja/
・WHITE PAPER https://release.co.jp/white-paper/ja/

 

海外仮想通貨取引所 P2P B2B(ピーツーピー ビーツービー)

・上場日:2019年3月7日(日本時間PM17:00)
・拠 点:スイス
・1日の取引高:430億円超
・公式サイト https://p2pb2b.io/

 

CoinMarketCap 活発な市場
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/p2pb2b/

 

RELEASE PROJECTが流通目的に発行したRELトークンは、仮想通貨取引所 P2P B2Bにて、ETH(イーサリアム)、BTC(ビットコイン)、USD(USドル)と交換することや売買することが出来ます。

 

●RELトークンの購入はこちらから ⇒ https://release.co.jp/rel/ja/register/